« 被災地 | トップページ | ヤホーのエンタメ »

2011年3月20日 (日)

サンドウィッチマンさんがテレビ局にして欲しいこと

皆さんご存知、 サンドウィッチマンさん。

あのお二人さんは仙台市出身のお笑い芸人。

地震当時は気仙沼市にロケで行っていました。

今日「アッコにおまかせ!」のVTRに出てました。

M9.0と大津波を経験した、お二人さん。

そこで、大地震の事についてある意見を言っていました。

「避難所にカメラを向けて欲しい。」

この言葉によって、避難所にカメラを向ける局が出てきたそうです。 それに続いて、

「全部のテレビ局が同じ事を言っても仕方がない。

安否情報を伝えるのはNHK、津波の様子などを伝えるのはTBS、バラエティーは

フジテレビ・・・というように、違うテレビ局でもそういう助け合いをした方がいい。」

当たり前ですが、同感しました。

たしかに、今なお寒さに耐えながらも一生懸命生きている人が私たちの想像をはるかに

超えるほどいます。

いま、私たちにできること。そして、私たちは被災者に何をすべきか。

いまだからこそ日本中の・・・いや 世界中の絆が試されているのだ、と私は思います。

昨日は、19年ぶりに月が30%増しで明るく見えた日です。

あの月のように、日本が一日でも輝くことを願います。

でわ、ビーバイ。

« 被災地 | トップページ | ヤホーのエンタメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンドウィッチマンさんがテレビ局にして欲しいこと:

« 被災地 | トップページ | ヤホーのエンタメ »