« 2022年8月 | トップページ | 2023年3月 »

2023/02/01

救われたことのお返し

気が付けば2023年の12分の1が過ぎ去っていました。

このブログをまた以前のように

毎日更新したいなぁという思いはあるのですが

なかなか思い通りにいきませんね。

 

年賀状というアナログ媒体の必要性が疑問視される中

今年も、年賀状だけのやり取りを続けていたからこそ

ご縁を感じる出来事がありました。

 

寒中見舞いに添えられた追伸に

ご家族の急逝の旨が綴られ、何か一言でも

哀悼の意をお伝えしたくなります。

 

そんなとき、私が救われた一冊の本と共に

お悔やみを届けると、それを受けて

お手紙が届きました。

 

そのお手紙を繰り返し読んで、私の悲しみも追体験し

落ち込むのではなく、時間の経過を実感し

同時に、今生きている私ができることを

ささやかだけど、還元(お返し)出来たらな、と思えるようになりました。

 

あのとき、あの本の優しさを届けてくれて

ともこさん、ありがとうございます。

 

 

« 2022年8月 | トップページ | 2023年3月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

毎日インスタグラム

無料ブログはココログ