« 2020年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2020/11/28

命の糸が切れた日

92歳の義父が永眠いたしました。

90歳を超えて、残された時間は限られていると

頭では、わかっていたつもりですが

一昨日までいつも通り仕事をしていたので

まさか、今朝、その日を迎えるとは

驚くばかりです。

まずは、深呼吸。。。

 

2020/11/27

記憶をたどる日記

注釈)義父が亡くなってから

日付を巻き戻して更新しています。

 

今朝は、私が仕事をしていると

義父から何度も内線電話で

「午後2時に銀行へ行くから一緒に付き合ってくれないか」

という内容の3回のコールがあり、了承すると

「ありがとう。じゃ午後2時に」

いつになく、確認作業が多いので「?」「いよいよか・・・」

なんて思っていたのです。

 

お昼ご飯は、お手伝いさんの作ったラーメンを

「今日のラーメンは、格別美味しいなぁ。

 日赤時代(昭和40年代)食べたラーメンを思い出すなぁ。

 あぁ。うまかったぁ」

と、言いながら完食したとのこと。

 

その後お手伝いさんは帰宅し14時に私が義父の所へ行き

「そろそろ、銀行へ行きましょうか」と声をかけると

銀行へ行くいつもの井出達(背広姿)で

「それが今日は、特に足が痛くて、どうしようかと思ってたところだ」

「それじゃ、私が代わりに行ってきましょう」

と言って、義父の貴重品を預かって、代行してあげたのが

生前の最後のやり取りでした。

 

14時20分

「はい、通帳と判子、お返ししますね。」

「おぉ。助かった。ルミ子さん、ありがとう。ありがとう。」

 

・・・・

 

その晩、義父は足の痛みを和らげようと入浴したのが

生涯で最後の営みとなりました。

 

« 2020年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

毎日インスタグラム

無料ブログはココログ