2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2020/11/28

命の糸が切れた日

92歳の義父が永眠いたしました。

90歳を超えて、残された時間は限られていると

頭では、わかっていたつもりですが

一昨日までいつも通り仕事をしていたので

まさか、今朝、その日を迎えるとは

驚くばかりです。

まずは、深呼吸。。。

 

2020/11/27

記憶をたどる日記

注釈)義父が亡くなってから

日付を巻き戻して更新しています。

 

今朝は、私が仕事をしていると

義父から何度も内線電話で

「午後2時に銀行へ行くから一緒に付き合ってくれないか」

という内容の3回のコールがあり、了承すると

「ありがとう。じゃ午後2時に」

いつになく、確認作業が多いので「?」「いよいよか・・・」

なんて思っていたのです。

 

お昼ご飯は、お手伝いさんの作ったラーメンを

「今日のラーメンは、格別美味しいなぁ。

 日赤時代(昭和40年代)食べたラーメンを思い出すなぁ。

 あぁ。うまかったぁ」

と、言いながら完食したとのこと。

 

その後お手伝いさんは帰宅し14時に私が義父の所へ行き

「そろそろ、銀行へ行きましょうか」と声をかけると

銀行へ行くいつもの井出達(背広姿)で

「それが今日は、特に足が痛くて、どうしようかと思ってたところだ」

「それじゃ、私が代わりに行ってきましょう」

と言って、義父の貴重品を預かって、代行してあげたのが

生前の最後のやり取りでした。

 

14時20分

「はい、通帳と判子、お返ししますね。」

「おぉ。助かった。ルミ子さん、ありがとう。ありがとう。」

 

・・・・

 

その晩、義父は足の痛みを和らげようと入浴したのが

生涯で最後の営みとなりました。

 

2020/09/23

覚え書き覚え書き…

御年91才(もうすぐ92才)の義父が

ようやく運転免許証を返納する決心をしました。

この決断に至るまで、ほんとうに長い長い道のりでした。

家族が説得しても、本人の気持ちが揺れ動いて

なかなかたどり着けなかった答えが

ようやく目の前に降りてきました。

 

どんでん返しが起りませんように…

 

2020/08/13

お盆です

今年のお盆は

指令を受ける前に

自らお墓の掃除を進んでやりました。

 

「言われる前にやれ」

このセリフ、子どものころから

耳にタコができるほど言われていたけど

言われる前にやるのが当たり前になると

「転ばぬ先の杖」を立ててるような・・・

自分で仕事を増やしているような気がして

「言われたらすぐやる」を実行していました。

 

大人になると

「言ったことだけしろ(余計なことはするな)」

とか、空気を読みとるスキルも求められますからね。

 

今年は特に、お墓の掃除に関して

東京の母のお墓参りはできそうにないので

母のことを想いながら掃除をしました。

遠くに居ても、気持ちを込めてすればそれで良しと。

2020/07/24

救われる記事

三浦春馬くんの突然の別れから

案の定、様々な記事が目に入るようになりました。

その中でも、文春オンラインのCDMさんの記事に救われました。

「この”産業”は、血の通った仕事だと自負しています」

三浦春馬が最後の舞台で語ったこと

 

文末の

「未来のファンたちが道に迷わないように、彼が何者であり、何者でありたいと願ったのか、彼が生きた目印をできるだけ多く残してくれることを望む。30歳で死んだ俳優としてではなく、30歳まで生真面目に、そして懸命に生きた俳優として、三浦春馬を僕たちの社会が記憶するために。 」

 

まさに、この記事を読んだ私も、その一人です。

そして、亡くなる前からもっと彼のことを

知ろうとすればよかった、彼の作品を応援すればよかったと思いました。

 

 

2020/07/23

点と点が繋がる

娘の同級生がとあるツイッターアカウントとサイトを立ち上げました。

その名も『#男女共同参画ってなんですか』

「性別に関係なく自分らしくいられる国をつくるのは、わたしたち若者」いま、国は「第5次男女共同参画基本計画」という5年間の計画を策定中。U30の声を届けないと5年後も誰かがつくった未来を生きることに...?ジェンダーや男女共同参画について、#男女共同参画ってなんですか をつけて想いをツイートしよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

めっちゃ応援するわ!!

U30の子たちが声を上げてることがうれしいし

それが自分の娘世代というのが感慨深いです。

 

私が娘を出産して、育休中に手にした板橋区の広報で

まず「託児付き講座」が目に留まって

「実家に子どもを預けなくてもいいのがうれしいじゃん。」

「それも無料なんてラッキー(^▽^)」

っていう軽い気持ちで、まずは子育て関連の講座に参加しました。

そのあと、通年講座の『いたばし女性大学(カレッジ)』にも申し込んで

わたしはこの時、初めて「男女共同参画」という言葉に触れたのでした。

講座の中で、女性学ってものを学び、女性視点の歴史を知り

各界で活躍してるキャリアウーマン的な方々のお話を聴いて

宿泊研修(←子連れ参加もすべて無料)では、

参加者同士で夜な夜な語り合ったこと・・・蘇ってきます。

参加メンバーで最年少だった私は、おばさま達の話と

私の母とが重なりながらも、女性の一生について、

いろんなタイプがあることをうすうす感じていました。

 

例えば、いわゆる独身を貫くキャリアウーマン。専業主婦。

夫婦で切り盛りする自営業。お互いを尊重しあう共働き夫婦。

子育てを終えてから花開く女性起業家。

DV夫に耐え忍び夫が他界してから自己実現する女性。

仮面夫婦。

キャリアのある豊かなシングルマザー。

貧困で苦しむシングルマザー。etc...

 

当時、男女が平等に働くことは当然の流れで

働きたい女性を阻んでいるハードルを取り除くことが

主題になっていたけど、今は、人口減少に由来する人手不足から、

外国人、障碍者、高齢者の雇用問題は課題になってるし。

 

女性を取り巻く環境も変わって、むしろ、男性社会の構造の問題点が

明らかになってきて、もう二つの性別にかかわらず、

LGBTQをも見据えた(多数派も少数派も)

男女共同参画社会を目指すって次元に来てるんですよね。

 

って、ざっくり、今思っていることをまとめたけれど

まだまだ言葉にならない思いは、モヤモヤ残っております。

続きはまたあとで。

2020/07/22

新コロ終息祈願

GOTOキャンペーンも始まり・・・

うどん屋さんにも県外ナンバーが

多く見られるようになりました。

このタイミングで、人の移動を解禁するのはどうのか?

と、思っていましたが、むしろ、ピークアウトを狙って

今年中に、日本全国に蔓延して、集団免疫を確保した上で

来年のオリンピックを開催しようとしているのかもしれません。

 

そうだとしたら、発症してもどうか重症化しないで

峠を乗り越えて欲しい・・・。終息してほしい・・・。

 

2020/07/21

NGR48

ハンドルネームから文字ってみました。

NGR48

48は、年齢です。(笑)

 

「昭和47年生まれで47歳」って

・・・覚えやすかったのに

一つ増えてしまいました。

 

私の会ったことのない夫の母T子さんは、49歳で他界されました。

残された時間があと1年だなんて

まだまだいろんなことをしたかっただろうし

我が子の成長も見届けたかっただろうなぁ・・・。

 

一日一日を大切に丁寧にしていこうと

改めて感じる節目の日でした。

2020/07/20

幸せのかけら

私の誕生日を心に留めてくれた方からの

バースデーカード・・・

社交辞令と呼ばれようとも

「ありがとう」

ほんとうに嬉しかった。

 

そして、息子からも贈り物が届いたり

彼にそのような配慮ができるようになったことが

本当に嬉しいです。

しばらくそれどころではない状況だったので

彼なりに、成長してるんだろうなと想像します。

 

ピース又吉直樹さんが近畿大学の卒業式で語っていた

『バッドエンドはない、僕らは途中だ』

を思い出して、ウルっときちゃう。

2020/07/19

消化不良中・・・

ここ一ヵ月、ANXミステリーの有料放送を観るのが忙しく

アウトプットができない毎日ですが

私自身は普通に元気に過ごしております。はい。

 

何を観てるかって?

 

 *シャーロック (ベネディクト・カンバーバッチ主演)

 *東野圭吾ミステリー

 *刑事コロンボ(全集)

 

それとシネマチャンネルでは、

往年のショーン・コネリーから最新作までの

 *007

 

毎回、観終わっていろいろ思うことはあるのだけど

また次が始まっちゃうので省略・・・。

そうこうしているうちに、『半沢直樹』が始まっちゃうし

あー。いそがし、いそがし。

«重い荷物

毎日インスタグラム